銀座・東銀座の内科、皮膚科、泌尿器科、アレルギー科  銀座まいにちクリニック

           

採用情報

メニューを閉じる
   
オンライン診療 WEB予約 お問い合わせ

皮膚科

WEB予約・電話予約完備

休診日なくまいにち診療

平日21時・土日祝18時まで

東銀座駅0分・銀座駅5分

ニキビ


銀座まいにちクリニックでは「ニキビ」の治療を行っております。

抗生物質の飲み薬や塗り薬、ピーリング作用のある塗り薬、保湿剤、漢方薬などを中心に処方しております。お肌やニキビの状態を考え、お一人お一人に合った保険診療での治療をご提案しています。

ニキビの治療はここ数年で大きく変わりました。かつては出来てしまったニキビを治すというのがニキビ治療のメインでしたが、近年はそれに加えてニキビができにくい状態に肌を保つことができるようになってきました。

今までニキビに悩まれてきた方、市販薬などで効果を感じずお困りの方などニキビに関してお悩みの方はぜひご相談ください。

ニキビ痕を残さない一番の治療はニキビができにくい肌の状態を保ち、出来てしまったニキビは可能な限り早く治すことです。


原因

ニキビは毛穴の状態が大きく関わっており、
①皮脂の分泌が盛んになること②毛穴の出口が固くなることの2つが大きく関係しています。

皮脂の分泌は性ホルモンやストレス、不規則な生活で盛んになりますが、もともと毛穴の角質が固く詰まりやすい人では余計に皮脂が溜まりやすくなります。

毛穴が皮脂や汚れで詰まり、皮脂が溜まったブツブツの状態を「面ぽう」(白にきび)と言います。この時点では炎症は起こっていません。面ぽう内でアクネ菌が増え、炎症が起こると赤みを伴った「赤にきび」になります。

炎症がさらに進んで膿が溜まると、「膿疱(のうほう)」(黄にきび)と呼ばれるようになり、これが破裂すると周囲にもさらに炎症をもたらします。

このようにニキビは段階的に進んでいきますが、実際のニキビは各段階のものが混在しています。

炎症が長く続いたり、さらに進展すると治癒後にニキビ痕(瘢痕)が残りやすくなります。

思春期・成長期にニキビが増える理由

男女を問わず、思春期・成長期にはニキビが増えます。

その理由は、成長によるホルモンの増加が体内のホルモンバランスを乱すことで、皮脂の分泌量が増加するためです。

一方、成長期を過ぎると、成長期よりもニキビが出来にくくなるのはホルモンバランスがある程度落ち着くことで皮脂分泌量が抑えられるためです。

生理期間中の女性にニキビがみられる理由

生理の時にニキビで悩まされている女性も多いですが、こちらも排卵によるホルモンバランスの変化によって皮脂の分泌量が増えることに起因しています。

もしもニキビを潰してしまった場合

ニキビが気になってしまい、弄っていたら潰してしまった経験のある方もいるのではないでしょうか。

ニキビを人為的に潰すことで、ニキビの中にある膿を出すことができますが、皮膚に裂傷を負うことになります。

裂傷がなかなか癒えず、結果、傷跡として残ってしまうケースもあります。

症状

皮脂の分泌の多い顔や肩、胸、背中に白ニキビ、赤ニキビ、黄ニキビができます。

適切な治療をせずに放置すると、ニキビと長い付き合いになり毛穴が破壊されてニキビ痕を残してしまいます。

検査および診断

視診やダーモスコープと呼ばれる虫めがねのような道具で毛穴の状態を観察します。

治療

どの段階のニキビなのかをしっかり確認し、その段階にあった治療をしていきます。

通常は、いろいろな段階のニキビが混在しています。

塗り薬や抗生物質の飲み薬、漢方薬、皮脂の分泌に影響を与えるビタミン剤などを使います(ビタミン剤を長期に保険診療で処方することはできません)。

白ニキビが多い場合

ピーリング作用のある塗り(ディフェリンゲルやぺピオゲル、エピデュオゲル)を使用します。

ピーリング作用とは古い角質を取り除いて細胞の代謝を高め、毛穴を広げる効果のことです。

ピーリング効果のある薬は、塗り始めた最初の数週間は塗った部分がヒリヒリしたり、赤みを帯びたり、乾燥することがあります。これらの症状は塗り続けることにより少しずつ慣れてきて、気にならなくなることがほとんどです。薬に慣れるまでは塗る量を少なくしたり、保湿剤をたっぷり塗ってから薬を塗ることで副作用を軽減することができます。

ニキビ(白ニキビ)の治療だけではなく予防の効果もあるため、塗る範囲は医師にご相談ください。

※塗り始めて赤みが強い場合は、ピーリング効果や抗生物質の成分にかぶれている可能性がありますので、塗るのをやめてすぐにご相談ください。

赤ニキビや黄ニキビが多い場合

白ニキビの治療を一緒に行うかで塗り薬の種類が変わります。

白ニキビも一緒に治療するのであれば、ピーリング効果のある塗り薬+抗生物質の塗り薬を使います。
赤ニキビや黄ニキビの治療のみであれば抗生物質の塗り薬を使います。

症状や塗り薬の効きをみて、抗生物質の飲み薬を使うこともあります。抗生物質の飲み薬を飲む場合は服用のルールを医師に聞き、飲みすぎたりしないようにしてください。

ニキビ治療後の注意点

ニキビ治療中、あるいは治療後には気を付けるべき点がいくつかあります。

なるべく刺激しない

ニキビには基本的に触れないよう注意しましょう。

ニキビに振れてしまうと、手に付着しているばい菌によってニキビを悪化させたり、あるいはばい菌や汚れが毛穴に入り込み、新たなニキビが発生するリスクにもなります。

触れないようにするだけではなく、メイク等でもできる限り刺激をしないよう長時間のメイクを避けたり、あるいはなるべく薄目にすることが望ましいです。

また、メイク落としの際に力任せに顔をこすったり、あるいは刺激性の強いものを使用することもニキビを悪化させる原因になります。

清潔を維持する

原因の項目でもお伝えしたように、ニキビの原因は油脂が毛穴に入り込むことです。

そのため、常に清潔を保つことが大切です。

汚れや過剰な皮脂はこまめに洗い流しましょう。

日常生活の中で意識する

ニキビは何度でも起きます。

一つのニキビを完治させたとしても免疫はできません。

他の箇所にニキビができる可能性もありますので、ニキビができた時だけ対策を取るのではなく、日常生活の中で常にニキビができないよう、注意する必要があります。

予防

ニキビを予防するためには気を付けるべき点が多々あります。

自らの体質を理解する

自らの体質を理解し、ニキビを作らないための行動を心掛けることも大切です。

例えば、先に清潔を保つことが大切だとお伝えしましたが、洗顔後は保湿が大切です。

しかし、脂性の方と乾燥肌の方とでは「適した保湿」は異なります。

脂性の方の場合には、潤いが足りていないと皮脂が分泌されてしまいますが、乾燥肌の方の場合には、水分が枯渇する傾向があります。

ニキビ対策は体質によって変わるため、まずは自らの体質を理解しておきましょう。

また、敏感肌の場合には、少し刺激を与えるだけで肌に負担を与えてしまいますので、一般的なニキビ対策がかえってニキビを悪化させてしまうことにもなりかねません。

ライフスタイルを見直す

ライフスタイルもニキビと関連していると考えられます。

睡眠不足、ストレス過多、疲労困憊など免疫力が低下している際にはニキビができやすくなります。

そのため、常に睡眠不足で悩んでいる方や、疲労やストレスが溜まりやすい方は表面的な対策だけではなく、ライフスタイルを抜本的に見直すことも大切です。

肌に触れるものにも気を配る

肌に触れるのは自身の身体だけではありません。

女性であればメイク道具、男性であればカミソリなどが挙げられます。

その他、布団や枕、タオルなど自身の肌に触れる物は多々ありますが、これらの清潔を保つこともニキビ予防の一環になります。

診療時間

土日祝
09:30-14:30
10:00-14:30
16:00-21:00
16:00-19:00
09:00-13:00
14:00-18:00

休診日なし

※現在時短診療中
※受付は診療終了時刻の30分前までとなります。
※ご予約のない患者様も随時診察しております。
※午前診療時間は比較的空いております。
※お急ぎの場合は事前予約をお勧めいたします。

アクセス

マップ

東銀座駅5番出口から徒歩0分

銀座駅A7出口から徒歩5分

             

吉祥寺まいにちクリニックはこちら

銀座まいにちクリニック
住所 東京都中央区銀座4-13-11M&Sビル4階
電話

TEL03-6260-6001

診療科目 内科・耳鼻科領域・皮膚科・
泌尿器科・アレルギー科・自費診療
診療時間
平日
10:00 ~ 14:30 16:00 ~ 19:00
土日祝日
09:00 ~ 13:00 14:00 ~ 18:00
※現在時短診療中
休診日 なし
電話・
オンライン診療
WEB予約 料金表
上に戻る