銀座・東銀座の内科、皮膚科、泌尿器科、アレルギー科  銀座まいにちクリニック

           

採用情報

メニューを閉じる
   
オンライン診療 WEB予約 お問い合わせ

低用量ピルってたくさん種類があるけれども何が違うの?まいにちクリニックの医師が解説します


低用量ピルとは

低用量ピルは、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)とよばれる2種類の女性ホルモンの配合剤であり、21日間あるいは28日間連続で内服することで1サイクル(1シート)となります。

卵胞ホルモンは子宮内膜の増殖に、黄体ホルモンは子宮内膜の肥厚・成熟化に関係するホルモンです。


低用量ピルの種類について。一相性や三相性って何?世代って何?

1シートのうち卵胞ホルモンと黄体ホルモンの配合量がずっと変わらないものを一相性、1シートのうち2つのホルモンの配合量が異なる2種類の薬が入っているものを二相性、配合量が異なる3種類の薬が1シートに入っているものを三相性といいます。

実際の体内では、この2つのホルモンは月経周期中に同じ量分泌されているのではなく、複雑に分泌量が変化しています。
一相性よりも二相性、二相性よりも三相性の方が実際の体内で起こっているホルモン分泌量の変化に近い状態となります。

また、低容量ピルは黄体ホルモンの種類により第一世代、第二世代、第三世代という分類もあります。実際に低用量ピルに含まれている黄体ホルモンは人工的に合成されたもので、世代が進むにつれてより黄体ホルモンとしての働きを強めていきます。
第一世代はノルエチステロン(NET)、第二世代はレボノルゲストレル(LNG)、第三世代はデソゲストレル(DSG)という薬がそれぞれ黄体ホルモンとして入っています。

卵胞ホルモンは第一世代、第二世代、第三世代すべて共通してエチニルエストラジオール(EE)という薬が使われています。

低用量ピルの副作用として知られる血栓症や吐き気などの症状は卵胞ホルモンが原因であることが多く、この副作用の頻度をできるだけ少なくするために卵胞ホルモンの含有量を少なくしたピルということで“低用量”ピルという名前になっています。


低用量ピルのお薬の種類について

第一世代 3相性

シンフェーズT28

サンデースタートと呼ばれる飲み方をする低用量ピルです。月経開始後の最初の日曜日から飲み始めてください。生理が日曜日に始まったらその日から、月曜日の始まったら次の日曜日から飲み始めます。月経様の出血が平日に訪れ、週末には出血の心配をしなくて済むというのが特徴です。
1日1錠を毎日できるだけ同じ時間にお飲みいただきます。
月経開始後の最初の日曜日から飲み始め、水色の錠剤を7日、白色の錠剤を9日、水色の錠剤を5日、だいだい色の錠剤を7日間連続してお飲みいただきます。
1シート飲み終えた翌日から、次のシートの左上の水色の錠剤から飲み始め順番に飲んでいただきます。

第二世代 3相性

アンジュ28

生理の初日〜5日目の間に飲み始め、1日1錠を毎日できるだけ同じ時間にお飲みいただきます。赤褐色の錠剤を6日、白色の錠剤を5日、黄色の錠剤を10日、赤色の錠剤を7日間連続してお飲みいただきます。
1シート飲み終えた翌日から、次のシートの「1」と書いてある赤褐色の錠剤から順番に飲み続けてください。

トリキュラー28

生理の初日〜5日目の間に飲み始め、1日1錠剤を毎日できるだけ同じ時間にお飲みください。赤褐色の錠剤を6日、白色の錠剤を5日、黄色の錠剤を10日、白色の錠剤を7日間連続して28日間飲み続けてください。
1シート飲み終えましたら、その翌日から次のシートの左上の「1」と書かれている赤褐色の錠剤から順番にお飲みください。

ラベルフィーユ28 ※トリキュラー28の後発品

トリキュラー28の後発品(ジェネリック)と呼ばれるものです。
トリキュラーと同じ成分のお薬になります。後発品(ジェネリック)とは、先発品(この場合はトリキュラー)の特許が切れた後に作られた薬で、先発品とお薬の成分は同じです。製造方法などが多少異なることもありますが、基本的には効果や安全性が同程度と認められております。ごくまれですが、製造が中止したり、供給が安定的ではなかったりすることがあります。

トリキュラーと同じ様に、生理の初日〜5日目の間に飲み始め、1日1錠剤を毎日できるだけ同じ時間にお飲みください。赤褐色の錠剤を6日、白色の錠剤を5日、黄色の錠剤を10日、白色の錠剤を7日間連続して28日間飲み続けてください。
1シート飲み終えましたら、その翌日から次のシートの左上の「スタート 1」と書かれている赤褐色の錠剤から順番にお飲みください。

第三世代 1相性

マーベロン28

黄体ホルモンとして第三世代のデソゲストレル(DSG)が使われているのが特徴です。
第三世代の黄体ホルモンは、ニキビの原因の一つである皮脂の過剰分泌に関係する男性ホルモンを抑えることで、ニキビの改善が期待できます。
生理の初日〜5日目の間に飲み始め、1日1錠を毎日できるだけ同じ時間にお飲みください。白色の錠剤を21日間、その後緑色の錠剤を7日間連続して28日間飲み続けてください。1シート飲み終えましたら、その翌日から次のシートの左上の「スタート」から矢印の順にお飲みください。

ファボワール28 ※マーベロン28の後発品

マーベロンの後発品(ジェネリック)のお薬です。
マーベロンと同じお薬の成分になります。
生理の初日〜5日目の間に飲み始め、1日1錠を毎日できるだけ同じ時間にお飲みください。白色の錠剤を21日間、その後緑色の錠剤を7日間連続して28日間お飲みください。
1シート飲み終えましたら、その翌日から次のシートの左上の「スタート」から矢印の順に飲んでください。

低用量ピルの費用

銀座まいにちクリニックでは、トリキュラー28(国産)とマーベロン28(国産)、それぞれの後発品であるラベルフィーユ28とファボワール28の低用量ピルを取り扱っております。
皆さまに安心してお飲みいただけるように、厳選したお薬のみをご用意しております。
長く継続してお飲みいただけるようにおサイフに優しい価格となっております。

お支払い合計金額

1.診察料(初診料・再診料)

2.低用量ピル代金

3.郵送料(送料をご希望の方)

日本全国お薬をお届け致します。

1.診察料(初診料・再診料)   0円

低用量ピルの処方前に血液検査や性病検査などは必ずも必要ではありませんが、医師が必要と判断した場合は、検査を行うことがあります。
また、内服の途中で血液検査や婦人科健診などを受けていただくこともございます。

2.低用量ピル代金

トリキュラー28(国産)
1カ月分/2,800円(1日約100円)
3カ月分/8,400円(1日約100円)
6カ月分/16,500円(1日約98円)

ラベルフィーユ28 ※トリキュラーの後発品
1カ月分/2,600円(1日約93円)
3カ月分/7,800円(1日約93円)
6カ月分/15,000円(1日約89円)

マーベロン28(国産)
1カ月分/2,800円(1日約100円)
3カ月分/8,400円(1日約100円)
6カ月分/16,500円(1日約98円)

ファボワール28 ※マーベロンの後発品
1カ月分/2,600円(1日約93円)
3カ月分/7,800円(1日約93円)
6カ月分/15,000円(1日約89円)

3.郵送料   520円

お薬の郵送をご希望の方はご指定の住所まで即日発送いたします。
全国一律です。

低用量ピルのお求めの方法

以下の3つの方法で低用量ピルをお求めいただきます。

1.電話診療
 お電話でお話を伺いながら診療を行います。
 詳細は「電話・オンライン診療」をご確認ください。

2.オンライン診療
 スマホにオンライン診療アプリをダウンロードしていただき、スマホ越しに診療を行います。
 詳細は「電話・オンライン診療」をご確認ください。

3.銀座まいにちクリニックに来院
 WEB予約をお取りいただくとスムーズで待ち時間が短いです。

診療時間

土日祝
09:30-14:30
16:00-21:00
09:00-13:00
14:00-18:00

休診日なし

※受付は診療終了時刻の30分前までとなります。
※ご予約のない患者様も随時診察しております。
※午前診療時間は比較的空いております。
※お急ぎの場合は事前予約をお勧めいたします。

アクセス

マップ

東銀座駅5番出口から徒歩0分

銀座駅A7出口から徒歩5分

             

吉祥寺まいにちクリニックはこちら

銀座まいにちクリニック
住所 東京都中央区銀座4-13-11M&Sビル4階
電話

TEL03-6260-6001

診療科目 内科・耳鼻科領域・皮膚科・
泌尿器科・アレルギー科・自費診療
診療時間
平日
09:30 ~ 14:30 16:00 ~ 21:00
土日祝日
09:00 ~ 13:00 14:00 ~ 18:00
休診日 なし
電話・
オンライン診療
WEB予約 料金表
上に戻る