銀座・東銀座の内科、皮膚科、泌尿器科、アレルギー科  銀座まいにちクリニック

           

採用情報

メニューを閉じる
   
オンライン診療 WEB予約 お問い合わせ

AGA(男性型脱毛症)とは?


「薄毛が気になる」「最近抜け毛が増えた」といった髪の薄毛や抜け毛に悩む男性は多いものです。
こうした薄毛や抜け毛はAGA(男性型脱毛症)の可能性があります。
AGAは中高年に多いイメージがあるかもしれませんが、中高年だけではなく若年でもAGAに悩む方もいます。
AGAとはどういった状態のことを指すのか症状や特徴について知り、自身がAGAに当てはまるのか確認してみてください。


AGAとは

AGAとはAndorogenetic Alopeciaの略称で、男性型脱毛症とも呼ばれています。
名前の通り男性の脱毛症を指すため、女性の場合はFAGA(女性男性型脱毛症)と呼ばれます。
脱毛といってもストレスなどで起こる円形脱毛とは異なり、進行性の脱毛を指します。
多くは生え際や頭頂部から薄くなり、遺伝だけではなく男性ホルモンの影響などが原因で起こると考えられています。
成人男性に多く見られ、中高年だけではなく20代や30代といった世代でもAGAに悩む方は多いです。
進行型なので、放っておいても薄毛が改善することはありません。
そのため、AGAは進行しないように早期から治療を始めることが大切です。


AGAの特徴

AGAは突然起こるものではなく、薄毛や抜け毛がゆっくりと進行していきます。
AGAを発症すると髪のハリやコシが失われ、髪は細くて柔らかくなっていきます。
髪質の変化に気付いた時点で、AGAを疑いましょう。

 また、AGAにおける脱毛症の進行にはパターンがあり、日本人は額や頭頂部から進行していくタイプが多くなっています。
AGAの主な進行パターンは次のものが挙げられます。

・M字型
額の生え際のこめかみに近い部分が後退し、上から頭を見るとM字型に見えるタイプです。
額の生え際の中央部分は後退せず、左右のこめかみに近い部分が後退していきます。
額の生え際全体が後退するわけではないため、進行に気付くことに時間がかかることも珍しくありません。

・O字型
頭頂部から薄毛が進行していくタイプで、丸く薄毛が進行するためアルファベットのOの形にみえます。
自分で鏡を見ても確認が難しい場所なので、人に指摘されて気付くようなことも多いです。
O字型の進行パターンは薄毛が重症化しやすい傾向が多いため、注意が必要といえるでしょう。

・U字型
額の生え際全体が後退していくタイプで、結果的にU字にみえます。
M字型やO字型に比べると気付きやすく、早い段階から治療を行えるケースが多くなっています。
U字型だけではなくO字型も併発するケースも多く、U字型も薄毛が重症化しやすいといえるでしょう。


AGAとヘアサイクルの関係

AGAとヘアサイクルとの関係性は切り離すことが出来ません。
髪には「ヘアサイクル」という髪が抜けて新しい毛が生えてくるというサイクルがあります。
髪が成長する「成長期」、髪が抜ける「退行期」、髪の成長が止まる「休止期」の3つを1つのクールとして髪は生え変わりを行っているのです。
そのため、健康なヘアサイクルであっても毎日100本は抜け替わるといわれています。
そして、AGAはこのヘアサイクルに乱れが生じた状態です。

AGAを発症すると成長期が短くなり、休止期が長くなります。
そのため、髪が抜けても新しい髪がなかなか生えてこなくなり、薄毛が進行していくことになります。


AGAが起こる原因

AGAはヘアサイクルの乱れによって起こりますが、ヘアサイクルが乱れる主な原因の1つとして男性ホルモンの作用が挙げられます。
男性ホルモンのであるテストステロンが体内の皮脂腺に多く存在する5αリクターゼという酵素と結びつくことで、DHT(ジヒドロテストステロン)に変換されます。
そして、DHTが髪の毛包にあるホルモン受容体と結合することで薄毛や抜け毛が起こります。テストロンや5αリクターゼはもともと誰の体内にも存在するものですが、DHTを生み出す5αリクターゼの活性度やホルモン受容体の数には個人差があり、遺伝が関係しています。
また、ストレスや生活習慣の乱れによる血行不良や頭皮環境の悪化などもAGAを引き起こす原因として挙げられます。


AGAの治療方法

AGAの治療を行うにあたり、まずは髪の状態や身体の状態を調べる必要があります。
DHT検査によりDHTの値を調べることで、現在の状態にあった薬剤を処方することができます。
また、一般的な血液検査も行うことでAGAの原因となる生活習慣病が隠れていないか確認すると同時に、肝機能検査で薬の長期服用に問題がないか検査もします。AGAの治療では、AGAの原因となる男性ホルモンに働きかける内服薬を用います。
この内服薬は5αリクターゼの働きを阻害するものになるため、薄毛の原因となるDHTに変換されることを食い止めることで薄毛や抜け毛を改善させます。
また、頭皮環境を整えるために頭皮の血行を促進する薬を処方する場合もあります。
AGA治療では薬を用いた治療だけではなく、生活習慣の乱れを改善することや頭皮環境を整えることも大切です。
そのため、薬の処方だけではなく食事や生活の指導、注意点などもご提案しています。

診療時間

土日祝
09:30-14:30
10:00-14:30
16:00-21:00
16:00-19:00
09:00-13:00
14:00-18:00

休診日なし

※現在時短診療中
※受付は診療終了時刻の30分前までとなります。
※ご予約のない患者様も随時診察しております。
※午前診療時間は比較的空いております。
※お急ぎの場合は事前予約をお勧めいたします。

アクセス

マップ

東銀座駅5番出口から徒歩0分

銀座駅A7出口から徒歩5分

             

吉祥寺まいにちクリニックはこちら

銀座まいにちクリニック
住所 東京都中央区銀座4-13-11M&Sビル4階
電話

TEL03-6260-6001

診療科目 内科・耳鼻科領域・皮膚科・
泌尿器科・アレルギー科・自費診療
診療時間
平日
10:00 ~ 14:30 16:00 ~ 19:00
土日祝日
09:00 ~ 13:00 14:00 ~ 18:00
※現在時短診療中
休診日 なし
電話・
オンライン診療
WEB予約 料金表
上に戻る