銀座・東銀座の内科、皮膚科、泌尿器科、アレルギー科  銀座まいにちクリニック

           

採用情報

メニューを閉じる
   
オンライン診療 WEB予約 お問い合わせ

AGAの治療薬について


男性で薄毛や抜け毛にお悩みの方は、「AGA治療」という言葉を耳にしたことがあるかもしれません。
AGA治療では、進行型の男性の脱毛症の治療を目的としています。
薄毛は遺伝だから治らないと考えている方や、市販の育毛剤では効果が出ないと考えている方もAGA治療を受けることで薄毛の進行を止めることや改善することが期待できます。
しかし、AGA治療で使われる薬に不安を抱える方も多いでしょう。
そこで、AGA治療を始めるにあたり、薬の作用や副作用などAGA治療薬について詳しくご紹介していきます。


AGA治療で使用される薬とは

AGA治療で使われる薬は、内用薬と外用薬に分けられます。
当院では内服薬にフィナステリド(プロペシア)やデュタステリド(サガーロ)を処方し、外用薬としてミノキシジルなどを用いています。
これらはAGA治療薬として一般的に知られる薬であり、患者様の脱毛症の状態やタイプ、健康状態などに合わせて処方されます。内服薬は市販では購入することはできず、病院での処方のみとなっています。
海外からの代行を利用して購入する方もいますが、偽物や粗悪品などの危険があるだけではなく、ご自身の健康状態や脱毛症の状態に適切であるのか確認できないため安全に使用できるのか分からないというリスクがあります。
適切かつ安全に治療を行うためにも、病院で診察を受けて治療薬を処方してもらうようにしましょう。


フィナステリド(プロペシア)とは

AGA治療薬の中でも広く認知されているフィナステリドは、日本で初めて厚労省に認可されたAGA治療薬です。
プロペシアが主成分になっており、抜け毛を抑制してAGAの進行を食い止める効果が期待されます。
抜け毛は、男性ホルモンのテストロンが5αリクターゼという酵素と結びつくことでDHT(ジヒドロテストステロン)に変換され、DHTが毛包にあるホルモン受容体を結合することでヘアサイクルに乱れが生じることで起こります。
フィナステリドの主成分であるプロペシアは、5αリクターゼの働きを抑制することでDHTに変換されることを抑制して脱毛を予防するのです。
つまり、AGA治療では進行を抑制する予防薬の役割がある薬だといえます。


デュタステリド(サガーロ)とは

デュタステリドもフィナステリドと同様に、AGA治療において薄毛の進行を抑制するための予防薬の役割を果たします。
デュタステリドの主成分はサガーロという成分で、5αリクターゼの働きを抑制してDHTに変換されることを防ぎます。
5αリクターゼにはⅠ型とⅡ型が存在しますが、フィナステリドはⅡ型のみに有効であることに対してデュタステリドはⅠ型とⅡ型のどちらにも有効です。
そのため、デュタステリドの方がフィナステリドよりもDHTの生成を抑制する力が強いといえます。
また、フィナステリドよりもデュタステリドの方が薬を内服してから効果が持続される期間が長いことも特徴です。


ミノキシジルとは

AGA治療における外用薬として代表的なものがミノキシジルです。
頭皮に塗布する外用薬ですが、主成分であるミノキシジルが発毛や髪の成長を促進するという効果が期待できます。
ミノキシジルは血管を拡張する作用があるため、血流が促進されることで毛母細胞が活発になり、髪の成長を促進させます。
ミノキシジルはもともと降圧剤として使用されていた薬ですが、多毛の副作用が発覚したことでAGA治療薬として応用されるようになりました。
フィナステリドやデュタステリドとは異なり、発毛や育毛を促進する役割があるため、これらの内服薬と併用して治療に使われることが多いです。


AGA治療薬の副作用について

AGA治療では薬を長期的に用いることになります。
病院ではあらかじめ健康状態などを検査して薬を処方しますが、あらかじめそれぞれの治療薬の副作用についても知っておきましょう。

・フィナステリドの副作用
リビドー減退(性欲減退)や勃起機能不全、射精障害などの男性機能への副作用や肝機能障害、めまいといった副作用が挙げられます。
臨床試験や販売後の調査で副作用が見られた症例は非常に少ないとされています。
妊娠中の女性がフィナステリドの成分を体内に取り込むと男の男児の生殖器に異常を起こす恐れがあるため、妊娠中の女性がフィナステリドに触れることや粉砕された錠剤の粉を吸い込まないように管理には注意してください。

・デュタステリドの副作用
フィナステリドと同様にリビドー減退や勃起機能不全といった男性機能への副作用や、肝機能障害、めまいといった副作用が挙げられます。
フィナステリドよりも成分が血中に残る時間が長いため、フィナステリドよりも副作用が起こる割合も少し高まります。

・ミノキシジルの副作用
ミノキシジルには血管拡張の作用があるため、動機やめまい、血圧の上昇、発疹、かゆみなどの副作用が生じる場合があります。
高血圧症や狭心症など循環危険の疾患がある場合には医師との相談が必要です。
また、外用薬なので肌が弱い方はパッチテストを行い、経過を確認してからの使用をおすすめします。

診療時間

土日祝
09:30-14:30
10:00-14:30
16:00-21:00
16:00-19:00
09:00-13:00
14:00-18:00

休診日なし

※現在時短診療中
※受付は診療終了時刻の30分前までとなります。
※ご予約のない患者様も随時診察しております。
※午前診療時間は比較的空いております。
※お急ぎの場合は事前予約をお勧めいたします。

アクセス

マップ

東銀座駅5番出口から徒歩0分

銀座駅A7出口から徒歩5分

             

吉祥寺まいにちクリニックはこちら

銀座まいにちクリニック
住所 東京都中央区銀座4-13-11M&Sビル4階
電話

TEL03-6260-6001

診療科目 内科・耳鼻科領域・皮膚科・
泌尿器科・アレルギー科・自費診療
診療時間
平日
10:00 ~ 14:30 16:00 ~ 19:00
土日祝日
09:00 ~ 13:00 14:00 ~ 18:00
※現在時短診療中
休診日 なし
電話・
オンライン診療
WEB予約 料金表
上に戻る