銀座・東銀座の内科、耳鼻科領域、泌尿器科、アレルギー科                                                          求人  取材依頼  企業の医療担当の方へ

院内処方と院外処方について

銀座まいにちクリニックでは、診察後にそのまま院内でお薬をお渡しする院内処方を採用しています。
多くのクリニックは診察を受けた医院で処方箋をもらい、調剤薬局で処方箋と引き換えに薬をもらう院外処方を採用しています。
院外処方は「医薬分業」という考えに基づくものです。医師と薬剤師がそれぞれ専門性を発揮しながら患者さんの治療にあたるチーム医療の発想で、国が推進しています。

 

院外・院内処方はどちらが良い、悪いというものではなく、どちらも良いところと悪いところがあります。
クリニック経営のことを考えれば院外処方の方が有利ですが、当院では患者さんの利便性や金銭的負担を考えて院内処方を採用しています。
もちろん処方箋をご希望の方は処方箋をお渡しいたしますので担当医にお伝えください。

 

院内処方と院外処方の良いところと悪いところには何があるのでしょうか。

院内処方

メリット
・薬局に行かずにお薬がもらえる(薬局まで移動の必要がない、薬局で待たなくてすむ)
・院外処方より安い
・診察代とお薬代をまとめて一回の会計で済む

 

デメリット
・薬棚のスペースが限られているため、すべての薬を揃えられるわけではない

 

院外処方

メリット
・“かかりつけ薬局”をもつことで、薬の情報が一ヶ所にまとまる
・複数の医療機関から処方された薬の管理をお任せできる
・客観的な視点での薬剤師のダブルチェックによりミス防止につながりやすい

 

デメリット
・薬局までの移動時間、待ち時間が生じる
・院内処方より高い