銀座・東銀座の内科、皮膚科、泌尿器科、アレルギー科  銀座まいにちクリニック

           

採用情報

メニューを閉じる
   
オンライン診療 WEB予約 お問い合わせ

低用量ピルの副作用で一番怖い、血栓症について


生理不順や毎月の辛い生理痛、PMS(生理前症候群)などを改善するために低用量ピルを飲むことを検討した時に、副作用が心配になる人は多いでしょう。
どんな薬にも副作用は付き物ですが、低用量ピルにも副作用が起こる可能性はあります。
低用量ピルの副作用の中でも怖いと言われている血栓症とはどのようなものなのでしょうか?


低用量ピルにおける副作用とは

低用量ピルにおける副作用は、主に飲み始めて最初の時期に起こり得ると言われています。
これは、体が低用量ピルに慣れていないことから起こるもので、吐き気や頭痛、乳房の張りなど妊娠初期やPMSのような症状が挙げられます。
症状は体が慣れれば治まってくるため、数日~1ヵ月ほどで緩和されていきます。
そして、その後はピルを飲み続けても副作用はほとんど感じられなくなることが大半です。
しかし、それ以外でも稀なケースではありますが、血栓症を発症することがあります。


低用量ピルの内服で血栓症を起こす確率は?

血栓症は血液の循環が閉塞され、脳梗塞や心筋梗塞など命に関わることもある疾患です。
そのため、低用量ピルの副作用として血栓症が挙げられることは、怖いと感じる人も少なくないでしょう。
しかし、ピルで血栓症を起こす確率は決して高いものではありません。
年間1万人がピルを服用したとして血栓症を起こすのは3~9人と言われており、死亡に繋がるようなケースは10万人に1人とされています。
非常に低い確率ですが、念のため副作用として知っておく必要はあります。


血栓症のリスクが起こりやすい人とは?

ピルの服用で血栓症が起こるケースは稀ですが、少しでもリスクは避けたいものです。
血栓症のリスクが高いと言われているのは40歳以上の人と言われており、病院でも40歳以上の場合にはピルの処方はお勧めしていません。
また、生活習慣病や喫煙者、肥満体系の場合は血流が悪いため、血栓ができやすくなっています。


血栓症の初期症状を知っておこう

ピルによって血栓症を発症する可能性は低いとはいえ、0ではないので血栓症の初期症状は知っておきたいものです。
そうすれば、初期症状の段階でピルの内服を止めて治療にかかることができます。
血栓症の初期症状は、ふくらはぎの痛みや激しい頭痛、片方の手足のしびれ、突然の息苦しさなどが挙げられます。
こういった症状が現れた場合には、すぐにピルの内服を止めて病院の診察を受けてください。

診療時間

土日祝
09:30-14:30
16:00-21:00
09:00-13:00
14:00-18:00

休診日なし

※受付は診療終了時刻の30分前までとなります。
※ご予約のない患者様も随時診察しております。
※午前診療時間は比較的空いております。
※お急ぎの場合は事前予約をお勧めいたします。

アクセス

マップ

東銀座駅5番出口から徒歩0分

銀座駅A7出口から徒歩5分

             

吉祥寺まいにちクリニックはこちら

銀座まいにちクリニック
住所 東京都中央区銀座4-13-11M&Sビル4階
電話

TEL03-6260-6001

診療科目 内科・耳鼻科領域・皮膚科・
泌尿器科・アレルギー科・自費診療
診療時間
平日
09:30 ~ 14:30 16:00 ~ 21:00
土日祝日
09:00 ~ 13:00 14:00 ~ 18:00
休診日 なし
電話・
オンライン診療
WEB予約 料金表
上に戻る