銀座・東銀座の内科、皮膚科、泌尿器科、アレルギー科  銀座まいにちクリニック

           

採用情報

メニューを閉じる
   
オンライン診療 WEB予約 お問い合わせ

低用量ピルの種類について。1/2/3相性の違いなど


避妊や生理不順、生理前症候群などさまざまな月経に関するトラブルを改善してくれる低用量ピルですが、低用量ピルにはいくつか種類があります。
病院で処方されるままに飲んでいるという人も多いかもしれませんが、実は低用量ピルは種類によって効果や副作用なども異なります。


低用量ピルの種類と違い

低用量ピルは、大きく分けると「1相性」「2相性」「3相性」の3つのタイプに分かれています。
これらの違いは、配合されているホルモンの分量パターンです。
女性ホルモンである卵胞ホルモンと黄体ホルモンが排卵や生理をコントロールしているため、ピルにはこれらのホルモンが配合されています。
1相性であれば卵胞ホルモンと黄体ホルモンが同じ量で配合されています。
一方で、2相性や3相性は途中からホルモンの配合量が変化するのです。
2相性であれば2段階、3相性であれば3段階に配合量が変わります。


1相性のピルの特徴

1相性のピルは、マーベロンが代表的な薬です。
配合されているホルモン量の変化がないため、取り扱いやすいことが特徴です。
生理周期を28日と考えるため、ピルは28錠1シートもしくは21錠で1シート+7日間の休薬期間があります。
基本的にピルは順序通りに飲み進めていきますが、1相性の場合は21錠全ての成分が同じです。
1相性の仕組みとしては、配合量が一定なので、内服することで体内に一定の女性ホルモン量が維持されることになります。
そうすると、脳が女性ホルモンの分泌の必要はないと判断して排卵を抑制されます。


多相性のピルの特徴

2相性や3相性のピルは、多相性ピルとも呼ばれています。
これらは、1相性とは異なりホルモン量が1シートの中で段階的に分かれています。
2相性であればホルモンの量が2段階に分かれており、3相性であればホルモンの量が3段階に分かれています。
なぜこのようにホルモン量が段階的に分かれるのかというと、体が本来行っているホルモンバランスにより近い形でホルモンを得られるように調整されているためです。
そのため、多相性ピルはシートの順序を守って内服をしなければなりません。
3相性ピルのトリキュラーは低用量ピルでも用いられるケースが多いピルの種類で、PMS(生理前症候群)の改善にも効果が期待できます。


ピルの種類の選び方

低用量ピルには1相性や多相性など種類がありますが、どの種類のピルを選ぶべきか個人によって異なります。
体質や相性などもあるので、医師に相談してピルの種類を決めましょう。
3相性は自然なホルモン分泌サイクルに近いことからPMSや不正出血を抑えられるというメリットがあります。
一方で、1相性は男性ホルモンの作用が少ないので、ニキビの改善にも効果があると言われています。
それぞれの特徴を知り、自分の体に合うピルを内服しましょう。

診療時間

土日祝
09:30-14:30
16:00-21:00
09:00-13:00
14:00-18:00

休診日なし

※受付は診療終了時刻の30分前までとなります。
※ご予約のない患者様も随時診察しております。
※午前診療時間は比較的空いております。
※お急ぎの場合は事前予約をお勧めいたします。

アクセス

マップ

東銀座駅5番出口から徒歩0分

銀座駅A7出口から徒歩5分

             

吉祥寺まいにちクリニックはこちら

銀座まいにちクリニック
住所 東京都中央区銀座4-13-11M&Sビル4階
電話

TEL03-6260-6001

診療科目 内科・耳鼻科領域・皮膚科・
泌尿器科・アレルギー科・自費診療
診療時間
平日
09:30 ~ 14:30 16:00 ~ 21:00
土日祝日
09:00 ~ 13:00 14:00 ~ 18:00
休診日 なし
電話・
オンライン診療
WEB予約 料金表
上に戻る