銀座・東銀座の内科、耳鼻科領域、泌尿器科、アレルギー科                                                          求人  取材依頼  企業の医療担当の方へ

ピルを飲むと生理ってどうなるの!?ピルを飲むことで訪れる変化について詳しく解説します。

ピルの効果

生理が起こるメカニズムは、エストロゲンとプロゲステロンという2つの女性ホルモンの分泌が大きく関係しています。
そして、ピルにはこれらの女性ホルモンが合成されています。
ピルを内服すれば体内にこれらのホルモンが入るため、脳はホルモンの分泌は必要ないと判断します。
そうすれば排卵が休止するため、女性は月経や月経に関する症状に変化が起こります。

月経量が少なくなる

ピルを飲めば生理が止まると勘違いされることもありますが、ピルを内服しても生理が止まるというわけではありません。
生理の日程を調整するために用いられることはありますが、血液が排出されなくなる状態が続くという薬ではありません。
ただし、ピルを内服すると生理の際に排出される血液量が減少します。
生理が始まれば数日間は月経量が多いものですが、全体的に月経量がピルによって減ることにります。
そのため、月経量が多いことでお悩みの方にも改善のため処方される場合があります。
ピルの内服によって月経量が減る理由は、子宮内膜が厚くなることを抑制できるからです。
通常は排卵に向けてエストロゲンの分泌量が増加しますが、ピルにはエストロゲンが配合されているため、脳がエストロゲンの分泌をしなくてもいいと判断します。
そうすると、エストロゲンの分泌がされないので、排卵が止まります。
そして、通常であれば排卵の後には子宮内膜を厚くするためにプロゲステロンが分泌されます。
しかし、ピルを内服していれば排卵していないのでプロゲステロンも分泌が減少し、子宮内膜は厚くならずに月経量が減少します。

生理不順や生理痛も改善する

生理不順や生理痛が起こることには、排卵が関係しています。
そのため、ピルの作用で排卵を抑制すれば、生理不順や生理痛など月経に関する悩みが解消されます。

生理痛に悩む女性は多いですが、生理痛が起こる原因はプロゲステロンの分泌量が多いことです。
これにより血液を排出する時に必要以上に子宮が収縮してしまうため、痛みが起こります。
ピルを内服すれば、プロゲステロンの分泌が減少するので、子宮が痛むほど収縮してしまうことを抑制してくれます。

また、ホルモンバランスが崩れることで、周期通りに月経が来ないという生理不順が起こります。
しかし、ピルを内服すればホルモンバランスの乱れが改善されるため、生理周期も整うことになります。
ただし、生理不順が起こる原因はホルモンバランスの乱れだけではなく、子宮や卵巣の病気が関係しているケースもあります。
ピルを用いても生理不順が改善しない場合には、そのまま放っておかずに医師に相談するようにしましょう。