銀座・東銀座の内科、耳鼻科領域、泌尿器科、アレルギー科                                                          求人  取材依頼  企業の医療担当の方へ

ピルの休薬期間って何?産婦人科医師が解説します。

ピルの休薬期間って何?

休薬期間とは、文字の通り薬を休む期間のことを言います。
ピルは毎日内服を続けることで効果が得られますが、休薬期間にはピルの内服を休んでもいいということになります。
ただし、ピルには21錠タイプと28錠タイプがあります。
ピルは28日間で1つのサイクルとして考えるため、21錠タイプのピルの場合は7日間が休薬期間になります。
つまり、7日間は薬の内服を休み、8日目から再び21日間内服を続けるという内服方法です。

一方で、28錠タイプは28日間ずっと内服を続けるので、休薬期間が無いように感じられるでしょう。
しかし、28錠中の7日間の薬やプラセボと呼ばれる偽薬です。
偽薬にはピルの成分が含まれていないため、内服を続けていても休薬期間が自然と設けられるようになっています。
そのため、偽薬を飲み忘れても問題はなく、あくまでもピルを飲む習慣付けや飲み忘れ防止のためにつけられているものです。

それでは、なぜピルに休薬期間があるのでしょうか?
その理由は、さまざまなことが挙げられます。

まず、休薬期間には出血が起こりますが、その出血の有無で妊娠を確認することができます。
また、休薬期間を設けることで、ピルを28日周期で管理することも容易になるでしょう。
そして最も重要なことは、休薬期間によって卵巣を活動させるということです。
ピルの内服によって卵巣は眠った状態が続きますが、休薬によって刺激を受けることで卵胞は発育しようと活動を開始します。
薬の内服によって休ませている卵巣を正常に保つためにも、休薬期間は重要なものと言えます。

休薬をすれば妊娠してしまう可能性があるのではないかと考える方もいるかもしれませんが、休薬期間に妊娠する可能性は極めて低いとされています。
それは、休薬期間は排卵が終わった時期にあたるからです。
そのため、休薬期間があるからといって妊娠を心配する必要はありません。

休薬期間に月経がくる?

ピルを内服している場合にも、月経のような出血が起きます。
個人差はありますが、一般的には休薬期間開始から2日前後で出血は起こります。
ピルの休薬によってホルモンが補われないため、子宮内膜が増幅を止めて剥がれ落ちることで出血を起こします。
この出血を消退出血と呼びますが、基本的に月経と同じものとして考えてください。
出血は月経と同じように5日前後続きますが、月経よりも出血量は少ないことが特徴です。
休薬期間中に消退出血が起きないということは非常に少ないケースですが、もし消退出血が起きない場合には妊娠している可能性があります。
そういった場合には、妊娠の可能性を確認するためにも医師に相談して、病院で検査を受けることをおすすめします。