銀座・東銀座の内科、耳鼻科領域、泌尿器科、アレルギー科                                                          求人  取材依頼  企業の医療担当の方へ

ニキビはピルで良くなる?ニキビと低用量ピルの関係について解説します。

月経による肌トラブル

月経前や月経中には、生理痛や腰痛、イライラなどさまざまな不調が現れます。
女性にとって月経によって起こる不調の中でも、肌トラブルは目に見えて分かるものなので悩まされている人も多いでしょう。
生理前あたりからニキビなどの吹き出物が顔にできやすくなります。
とくに口回りや顎などにニキビができやすく、生理中にはストレスなども重なることから症状が悪化するケースも多いものです。
また、肌が乾燥するようになって肌に痒みや赤みなどのトラブルが起こる場合もあります。

ニキビができる原因

月経前から月経中にかけてニキビができやすくなる原因は、「エストロゲン」と「プロゲステロン」という女性ホルモンの分泌です。
この2種類の女性ホルモンの分泌によって月経が周期的に行われるようになっていますが、肌トラブルにも関係しています。
排卵の後から生理前にかけてプロゲステロンの分泌が増加しますが、プロゲステロンは皮脂の分泌を促す作用があります。
そのため、過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まりやすくなってしまうことがニキビに繋がります。
また、エストロゲンは肌に潤いを与えて状態を整えてくれる作用がありますが、月経が終わる頃まで減少しています。
そのため、肌は乾燥しやすくなっており、乾燥しないように皮脂が過剰分泌することでニキビができやすくなってしまうことも原因になります。

 また、年齢を重ねるごとにホルモンバランスは乱れやすくなり、男性ホルモンが優勢になります。
女性でも男性ホルモンは本来分泌されているものですが、ホルモンバランスが崩れることで男性ホルモンによって皮脂が過剰分泌されます。
これが月経前のホルモンバランスの変化も加わることでニキビの出来やすさを加速させ、「大人ニキビ」と呼ばれるニキビを作ります。



ピルの内服でニキビは改善する?

避妊薬であるピルは、生理不順や生理痛改善などさまざまな目的でも用いられていますが、ニキビの改善にも効果があると言われています。
月経前にはニキビやできやすくなりますが、ピルを内服することでホルモンバランスの乱れを整えることができることからニキビができやすい環境を抑制できます。

また、ピルを内服すれば男性ホルモンの分泌も抑制されるため、皮脂の過剰分泌も抑制されます。
そうすれば、大人ニキビの改善も期待できます。

当クリニックではマーベロンやヤーズ、トリキュラーといった低用量ピルを処方していますが、ニキビ治療にはマーベロンやヤーズがおすすめです。