銀座・東銀座の内科、耳鼻科領域、泌尿器科、アレルギー科                                                          求人  取材依頼  企業の医療担当の方へ

低用量ピル

低用量ピルは女性ホルモンを合成した薬で、避妊に用いられる薬として知られています。
しかし、女性ホルモンをコントロールできることから、避妊だけではなく女性のさまざまな悩みを解決してくれる効果も期待できます。
そのため、現在では避妊だけではなく生理痛や生理不順など多くの悩みの改善のために服用されている方も増えています。
低用量ピルにおける期待できる効果は以下のものが挙げられます。


低用量ピルについての監修記事・コラムも併せてお読み下さい。

銀座まいにちクリニックの監修記事・コラム

低用量ピルの効果

避妊効果

低用量ピルの服用を毎日欠かすことなく内服している場合、約99%の避妊効果があると言われています。
飲み忘れがあった場合でも、すぐに内服すれば高い避妊効果が期待できます。
低用量ピルを内服することで高い避妊効果が期待できるのは、女性ホルモンの分泌がコントロールされるからです。
低用量ピルの内服によって子宮の入口は狭くなるため、精子が侵入することを防ぎます。
また、排卵は抑制されるので受精することはありませんし、万が一受精したとしても子宮内膜の増殖を抑制するため受精卵が着床しにくくなっているのです。

PMSの改善

PMS(月経前症候群)は近年知られるようになった月経前3~10日に起こる不快症状です。
生理痛とは異なった下腹部の痛みや腰痛、吐き気、イライラなどさまざまな症状を引き起こします。
PMSはホルモンの変動が原因で起こると考えられているため、低用量ピルを内服することでホルモンの変動が抑制されます。
そのため、低用量ピルを内服することで、PMSを改善・緩和することが期待されるのです。
トリキュラーとヤーズは女性ホルモンの配合が少ないため、PMS改善の効果が高いと言われています。

子宮内膜症の改善

低用量ピルは子宮内膜症の治療にも用いられています。
子宮内膜症は、月経時に剥がれ落ちた子宮内膜が子宮以外の場所で増殖してしまい、体外に排出されずに炎症を起こしてしまう病気です。
低用量ピルは子宮内膜を薄い状態のまま保つことができるため、子宮内膜症の症状緩和や改善が期待できます。

ニキビなど肌荒れ改善

ニキビなどの肌荒れが月経前に起こるという経験をしたことがある方は多いかもしれませんが、その理由はホルモンバランスの乱れです。
低用量ピルを内服することでホルモンバランスを整えれば、ニキビや肌荒れを改善・予防することにも繋がります。
とくにマーベロンは男性ホルモンの活性化を抑制する性質があるため、ニキビや肌荒れ改善の効果が高く期待できます。

卵巣がん、子宮がんのリスク軽減

低用量ピルの内服は、卵巣がんや子宮がんのリスクを軽減させられる可能性があることが研究で分かっています。
卵巣がんや子宮がんは、子宮や卵巣が月経の度に大きなストレスを受けることで発症します。
しかし、低用量ピルを内服すれば排卵が抑制されるため、卵巣や子宮にストレスがかかることを軽減できるためがん予防に繋がると言われています。

銀座まいにちクリニックの監修記事・コラム

低用量ピルの副作用

低用量ピルにおける主な副作用としては、吐き気や頭痛、腹痛、めまいなど軽度の症状が挙げられます。
内服を始めたばかりの時期には、ホルモン環境が変化することによって一時的に不正出血を起こすようなケースもあります。
いずれにしても、2カ月ほどで身体が慣れていけば症状も和らいでいきます。
症状が強い場合や、身体が慣れないような場合には主治医にご相談ください。

また、ごく稀に副作用として血栓症を起こす場合があります。
健康体の場合であればリスクは低いものの、肥満や喫煙の場合にはリスクが高くなるため内服には医師への相談が必要です。

低用量ピルの飲み方

当クリニックでは、低用量ピルとして、トリキュラー・マーベロンなどを処方しています。
1日1回決まった時間に服用することで効果が発揮できる薬なので、飲み忘れないように注意してください。
毎日同じ時間に飲むように習慣づけることで、飲み忘れを予防できます。


飲み方は、月経の第1日目から飲み始め、1日1回1錠を28日間飲み続けます。

1シートが21錠タイプの場合は、その後の7日間は薬を飲まずに過ごします。
1シートが28錠タイプのものは、28日間飲み続けます。

ただし、最後の7錠は偽薬といってお薬の成分が入っていない錠剤になっているため、飲み続けますが休薬している状態と同様になります。
当クリニックではできるだけ飲み忘れ防止のために、28錠タイプをお渡ししております。


低用量ピルの飲み忘れや内服に不安や疑問がある場合には、お気軽にお尋ねください。

低用量ピルの費用

銀座まいにちクリニックでは、トリキュラー28(国産)とマーベロン28(国産)、それぞれの後発品であるラベルフィーユ28とファボワール28の低用量ピルを取り扱っております。
皆さまに安心してお飲みいただけるように、厳選したお薬のみをご用意しております。
長く継続してお飲みいただけるようにおサイフに優しい価格となっております。

お支払い合計金額

1.診察料(初診料・再診料)

2.低用量ピル代金

3.郵送料(郵送をご希望の方)

日本全国お薬をお届け致します。

お支払い合計金額

1.診察料(初診料・再診料)

2.低用量ピル代金

3.郵送料(郵送をご希望の方)

日本全国お薬をお届け致します。

1.診察料(初診料・再診料)
0円

低用量ピルの処方前に血液検査や性病検査などは必ずも必要ではありませんが、医師が必要と判断した場合は、検査を行うことがあります。
また、内服の途中で血液検査や婦人科健診などを受けていただくこともございます。

1.診察料(初診料・再診料)       0円

低用量ピルの処方前に血液検査や性病検査などは必ずも必要ではありませんが、医師が必要と判断した場合は、検査を行うことがあります。
また、内服の途中で血液検査や婦人科健診などを受けていただくこともございます。

2.低用量ピル代金

  トリキュラー28(国産)

トリキュラー28(1ヶ月分)
      2800円(1日約100円)

トリキュラー28(3ヶ月分)
      8400円(1日約100円)

トリキュラー28(6ヶ月分)
      16500円(1日約98円)
 

トリキュラー28(1ヶ月分)  2800円(1日約100円)
トリキュラー28(3ヶ月分)  8400円(1日約100円)
トリキュラー28(6ヶ月分)  16500円(1日約98円) 

   ラベルフィーユ28
 ※トリキュラーの後発品

  ラベルフィーユ28 ※トリキュラーの後発品

ラベルフィーユ28(1ヶ月分)
       2600円(1日約93円)

ラベルフィーユ28(3ヶ月分)
       7800円(1日約93円)

ラベルフィーユ28(6ヶ月分)
       15000円(1日約89円)
 

ラベルフィーユ28(1ヶ月分)  2600円(1日約93円)
ラベルフィーユ28(3ヶ月分)  7800円(1日約93円)
ラベルフィーユ28(6ヶ月分)  15000円(1日約89円) 

  マーベロン28(国産)

マーベロン28(1ヶ月分)
      2800円(1日約100円)

マーベロン28(3ヶ月分)
      8400円(1日約100円)

マーベロン28(6ヶ月分)
      16500円(1日約98円)
 

マーベロン28(1ヶ月分)  2800円(1日約100円)
マーベロン28(3ヶ月分)  8400円(1日約100円)
マーベロン28(6ヶ月分)  16500円(1日約98円) 

ファボワール28
※マーベロンの後発品

ファボワール28 ※マーベロンの後発品

ファボワール28(1ヶ月分)
       2600円(1日約93円)

ファボワール28(3ヶ月分)
       7800円(1日約93円)

ファボワール28(6ヶ月分)
       15000円(1日約89円)
 

ファボワール28(1ヶ月分)  2600円(1日約93円)
ファボワール28(3ヶ月分)  7800円(1日約93円)
ファボワール28(6ヶ月分)  15000円(1日約89円) 

3.郵送料
500円

全国一律です。即日発送致します。

3.郵送料                500円

お薬の郵送をご希望の方はご指定の住所まで即日発送いたします。
全国一律です。

低用量ピルのお求めの方法

以下の3つの方法で低用量ピルをお求めいただきます。

1.電話診療
 お電話で話を伺いながら診療を行います。
 詳細は下記をご確認ください。

2.オンライン診療
 スマホにオンライン診療アプリをダウンロードしていただき、スマホ画面越しに診療を行います。
 詳細は下記をご確認ください。

3.銀座まいにちクリニックに来院
 web予約をお取りいただくとスムーズで待ち時間が短いです