銀座・東銀座の内科、耳鼻科領域、泌尿器科、アレルギー科                                                          求人  取材依頼  企業の医療担当の方へ

ハイドロキノン

ハイドロキノンとは二価フェールとも呼ばれ、イチゴやコーヒー、紅茶などにも含まれる成分です。

シミの原因となるメラニン色素が作られることを抑制する働きがあることから、シミ・美白効果があるとされています。
その効果は非常に高く、米国では医薬品として美白効果が認められているほどです。
日本でも2001年より規制が緩和されたことから市販の化粧品にも使用されるようになっています。
ただし、市販の場合はハイドロキノンの濃度が低いので、効果は弱くなってしまいます。
高い濃度のハイドロキノンは、病院での処方が必要になります。

効果について

肌にできるシミは、メラニン色素の沈着です。
ハイドロキノンはメラノサイトというメラニン色素を作る細胞を減少させ、メラニン色素を合成するチロシナーゼという酵素の働きを抑制してくれます。
つまり、シミの原因となるメラニン色素が作られることを抑えてくれることから、新しいシミを作らせないようにしてくれます。
また、メラニンに働きかけて淡色化する働きもあり、肌の漂白効果があるとされています。
これらの効果から、ハイドロキノンは美白やシミ対策に用いられます。

ハイドロキノンの効果が発揮されるシミは、メラニン色素が増殖してしまったり、色素沈着してしまっていたりするようなシミに効果があります。
そのため、肝斑やそばかす、老人性色素などには効果が期待できますが、太田母斑などのシミには効果がありません。
シミ以外にも、ニキビ跡やアトピー跡などの色素沈着にも効果が期待できます。

副作用について

ハイドロキノンは高い漂白効果を持っていますが、濃度や投与量が多くなれば副作用が生じる可能性があります。
副作用としては、肌に赤みや痒み、かぶれなどが現れます。
皮膚への刺激を感じる場合には使用を中止し、医師へ相談するようにしましょう。
また、ハイドロキノンを使用している最中は、強い紫外線を浴びることでシミが濃くなってしまいやすくなっています。
外出時には、しっかりと保湿と紫外線対策をしてください。

ハイドロキノンの効果を感じるには継続して使用する必要がありますが、長期的に使用すると白斑を引き起こすことがあります。
そのため、使用方法や使用期間については医師の指示に従ってください。

 当院では、シミなどの色素沈着にハイドロキノンの処方などの治療も行っています。
銀座や東銀座周辺にお勤めの方に通いやすい立地となっていますので、シミや色素沈着への疑問や不安があればご相談ください。

当クリニックのハイドロキノンについて

当クリニックのハイドロキノンクリームは、効果と安全性のバランスを考え4.9%のハイドロキノンの濃度としております。

 4.9%ハイドロキノンクリーム(5g)   2200円

使用方法について

ハイドロキノンの使用方法は、気になるシミや色素沈着のある部分に塗布します。
顔全体に塗るのではなく、気になる部分にのみご使用ください。
塗布する前に、まずは手や腕などに塗って、パッチテストを行いましょう。
肌にかぶれなどがないことを確認してから使用することをおすすめします。
塗布する際には、綿棒などに少量付けて塗布します。
洗顔後にスキンケアで肌を整えて、最後の段階で使用します。
紫外線に当たるとシミが濃くなってしまう可能性があるので、ハイドロキノンは夜に塗布してください。

自費診療

銀座まいにちクリニックの自費診療が選ばれる6つの理由

①365日休まず、まいにち診療

「日中はクリニックを受診できない」「休日に具合悪くなった」
そのようなあなたのために、365日まいにち診療しています。平日は21時、土日祝は18時までスタッフ一同お待ちしております。

②アクセス抜群

東銀座駅0分、銀座駅5分と通院しやすい立地です。
特に東銀座駅5番出口からは徒歩10秒くらいですので、銀座方面からお越しの方も雨の日でもほとんど濡れません。

③豊富な外来診療実績

開業してまだ間もない当院ですが、月3000人ほどの患者さんに選ばれています。
様々な医療機関と密に連携をとり、皆様が安心して通院できるクリニックを目指しております。

④待たせない工夫

「日中はクリニックを受診できない」「休日に具合悪くなった」
そのようなあなたのために、365日まいにち診療しています。平日は21時、土日祝は18時までスタッフ一同お待ちしております。

⑤幅広い診療科

「この症状は何科にいけばいいんだろう」「いくつか病院に行かなければならず面倒だな」
そんなあなたのために、幅広い診療科でお待ちしております。お気軽にご相談ください。

⑥院内でお薬をお渡し

医師が処方した薬剤を院内でお渡し致します。
院内薬局は、薬をもらいに行く手間・時間が省けて利便性が高いだけではなく、自己負担分(窓口負担)が少なく、また支払いも一回で済むというメリットがあります。

風邪(かぜ)