銀座・東銀座の内科、耳鼻科領域、泌尿器科、アレルギー科                                                          求人  取材依頼  企業の医療担当の方へ

湿疹

皮膚の表面に赤いブツブツや水膨れといった皮膚トラブルが起こることを湿疹と言います。

皮膚が炎症を起こしている状態であり、「じんましん」や「かぶれ」なども湿疹の一種です。

皮膚科を受診される人の中でも多い症状であり、銀座にある当院の皮膚科でも多くの方が湿疹でご来院頂いております。

子供から大人まで幅広い年齢層で発症する病気で、重症度や治療期間もさまざまです。

急性で症状が現れるケースもありますが、慢性的な湿疹に悩まされている人も多いものです。

原因

湿疹は、皮膚のバリア機能では守りきることの出来ない外部からの刺激や原因物質、細菌によって引き起こされます。

湿疹が起こる原因はさまざまなものが考えられ、湿疹の種類によって原因も異なるものです。

接触皮膚炎の場合であれば、アレルゲンに触れることで発症しますが、アレルゲンの種類は非常に多くなっています。

また、アトピーの場合はアレルゲンやストレスなどさまざまな要因が重なり発症します。

尋常性湿疹の場合は細菌感染や乾燥が原因になり、脂漏性皮膚炎は皮脂の過剰分泌が原因です。

症状

湿疹はさまざまな種類のものがありますが、症状はほとんど同様のものとなります。

赤いブツブツが皮膚の表面に現れ、痒みが伴われます。

そこから水膨れのように膨れ上がり、痒みによって掻いてしまうことで水疱が破れます。

そうすると、この上に細菌などが混ざったカサブタができてしまい悪化してしまうようなケースもあるのです。

また、湿疹を掻いてしまうことで皮膚が傷つき、そこから細菌が侵入して痛みや発熱を伴うような場合もあります。

検査および診断

湿疹の診療は、まず患部を視診にて確認します。

湿疹の治療をするには原因を知ることが大切なので、問診などから発症要因を探ります。

アレルゲンが誘因だと考えられる場合は、血液検査によるアレルギー検査を行います。

湿疹はがんなど内科疾患が原因になる場合や、皮膚がんの症状と似ている場合があります。

そういった疾患が疑われる場合には精密検査が必要です。

治療

湿疹の治療には、ステロイド外用薬を用います。

軽傷であれば、ステロイド外用薬を使うことで皮膚の炎症を抑えることができるため症状が改善されます。

ただし、全身に湿疹が現れるような場合には、ステロイド内服薬を処方します。

また、細菌や真菌感染の場合には抗菌薬、痒みには抗ヒスタミン剤を用います。

いずれにしても、湿疹は原因であるものを突き止めて予防することが大切です。

衣服の擦れや金属アレルギー、洗剤、皮膚の乾燥など原因はさまざまなものがあるので、原因になるものに触れないようにして湿疹が起こらないようにしましょう。

皮膚科

銀座まいにちクリニックの皮膚科が選ばれる6つの理由

①365日休まず、まいにち診療

「日中はクリニックを受診できない」「休日に具合悪くなった」
そのようなあなたのために、365日まいにち診療しています。平日は21時、土日祝は18時までスタッフ一同お待ちしております。

②アクセス抜群

東銀座駅0分、銀座駅5分と通院しやすい立地です。
特に東銀座駅5番出口からは徒歩10秒くらいですので、銀座方面からお越しの方も雨の日でもほとんど濡れません。

③豊富な外来診療実績

開業してまだ間もない当院ですが、月3000人ほどの患者さんに選ばれています。
様々な医療機関と密に連携をとり、皆様が安心して通院できるクリニックを目指しております。

④待たせない工夫

「日中はクリニックを受診できない」「休日に具合悪くなった」
そのようなあなたのために、365日まいにち診療しています。平日は21時、土日祝は18時までスタッフ一同お待ちしております。

⑤幅広い診療科

「この症状は何科にいけばいいんだろう」「いくつか病院に行かなければならず面倒だな」
そんなあなたのために、幅広い診療科でお待ちしております。お気軽にご相談ください。

⑥院内でお薬をお渡し

医師が処方した薬剤を院内でお渡し致します。
院内薬局は、薬をもらいに行く手間・時間が省けて利便性が高いだけではなく、自己負担分(窓口負担)が少なく、また支払いも一回で済むというメリットがあります。