銀座・東銀座の内科、耳鼻科領域、泌尿器科、アレルギー科                                                          求人  取材依頼  企業の医療担当の方へ

水虫

銀座まいにちクリニックでは「水虫」の検査および診断と、抗真菌薬の塗り薬と飲み薬による治療をおこなっております。

「水虫ができた」という症状でクリニックを受診される方の半数以上は水虫ではなく、湿疹だったというデータがあります。この2つは治療法がまったく異なり、水虫の治療は湿疹を悪化させ、湿疹の治療は水虫を悪化させるので診断をつけることは重要です。

ご自分で判断しドラッグストアで水虫の薬をお求めいただくのではなく、皮膚科で診断を受けることをお勧めします。当院では、処方箋が必要な新しい塗り薬も処方しています。

足や爪だけではなく、体にもできることもあります。また人から人に感染するので注意が必要です。

原因

白癬菌(はくせんきん)とよばれる真菌(カビの一種)が皮膚の角質に感染することで生じます。感染する部位は足の裏や指の間だけでなく爪や手、体など様々です。

感染してすぐに症状はでませんが、皮膚が高温多湿の環境にさらされると白癬菌が増殖し症状がでます。

梅雨あたりから活動が活発になり症状が現れ、乾燥して寒い冬に症状が治まる傾向にあります。

症状

基本的に体のどこでも感染し、感染した部位によって症状が異なります。

足の指の間では、白くふやけたり、水ぶくれができたり、皮膚が赤くただれて痛くなったりかゆくなったりします。皮がむけるだけでかゆみの症状はすぐに出ないこともあります。      

土踏まずや足の指の付け根では、強いかゆみを伴う小さな水ぶくれがでることがあります。皮がむけて治っても別の場所にできて再発します。

足の裏全体では、角質が厚くなるため白く粉をふいたような見た目になります。かゆみがないため水虫と気づきにくいことが多いです。

その他、爪や手、体や頭皮などにも水虫ができることがあります。

検査

水虫が疑われる皮膚や爪などの一部をピンセットなどで採取し、顕微鏡にて白癬菌を確認します。10-15分で結果が分かります。

提携している検査会社に依頼することもあります。

治療

抗真菌薬の塗り薬と飲み薬で治療します。基本的には塗り薬を使い、塗り薬が効きづらい場所や症状の場合は飲み薬をお飲みいただきます。

症状がよくなった後もしばらく薬を使い続けることで再発を減らすことができます。
足の水虫は4週間以上塗り薬を継続する必要があります。

注意点

水虫の人が素足で使用したバスマットやカーペット、スリッパなどからほかの人に移ることがあります。

菌が皮膚についてもすぐに水虫になるわけではありませんが、白癬菌がある程度繁殖すると症状が出現します。

体や足の指の間をしっかり洗い乾燥させること、バスマットやスリッパなどの共用を避けること、通気性のよい靴を選ぶことなどで予防できます。

皮膚科

銀座まいにちクリニックの皮膚科が選ばれる6つの理由

①365日休まず、まいにち診療

「日中はクリニックを受診できない」「休日に具合悪くなった」
そのようなあなたのために、365日まいにち診療しています。平日は21時、土日祝は18時までスタッフ一同お待ちしております。

②アクセス抜群

東銀座駅0分、銀座駅5分と通院しやすい立地です。
特に東銀座駅5番出口からは徒歩10秒くらいですので、銀座方面からお越しの方も雨の日でもほとんど濡れません。

③豊富な外来診療実績

開業してまだ間もない当院ですが、月3000人ほどの患者さんに選ばれています。
様々な医療機関と密に連携をとり、皆様が安心して通院できるクリニックを目指しております。

④待たせない工夫

「日中はクリニックを受診できない」「休日に具合悪くなった」
そのようなあなたのために、365日まいにち診療しています。平日は21時、土日祝は18時までスタッフ一同お待ちしております。

⑤幅広い診療科

「この症状は何科にいけばいいんだろう」「いくつか病院に行かなければならず面倒だな」
そんなあなたのために、幅広い診療科でお待ちしております。お気軽にご相談ください。

⑥院内でお薬をお渡し

医師が処方した薬剤を院内でお渡し致します。
院内薬局は、薬をもらいに行く手間・時間が省けて利便性が高いだけではなく、自己負担分(窓口負担)が少なく、また支払いも一回で済むというメリットがあります。