銀座・東銀座の内科、耳鼻科領域、泌尿器科、アレルギー科                                                          求人  取材依頼  企業の医療担当の方へ

帯状疱疹

帯状疱疹は、体の左右どちらかに赤い発疹などが生じることでも知られる病気です。

帯状に発疹が出ることから「帯状疱疹」と名付けられました。

水疱瘡にかかったことがある人は、帯状疱疹になる可能性があります。

ウイルスが身体の中に潜んでおり、ストレスや疲れなどによって免疫力が低下することでウイルスが再活性して発症するのです。

帯状疱疹は周囲に感染することはありませんが、これまで水疱瘡にかかったことのない人は感染する可能性があります。

その場合には、水疱瘡として発症します。

原因

帯状疱疹の原因は、水疱瘡の原因ウイルスの水痘帯状疱疹ウイルスが再活性化することです。

水痘帯状疱疹ウイルスに初めて感染した時は水疱瘡を発症し、その後治るとウイルスは身体の中に潜伏します。

ストレスや疲労、加齢など免疫力が低下することで潜んでいたウイルスが活動を始めます。

そして、神経を伝わって皮膚に到達して帯状疱疹として発症します。

主に50代以降で発症することが多い病気ですが、疲労蓄積によって若い人でも発症します。

症状

帯状疱疹は神経を伝って皮膚に到達するため、初期症状ではピリピリとした神経痛のような痛みを感じます。

その後、時間お経過と共に発疹と水膨れが生じていくのです。

身体の左右どちらか一方の神経に沿って現れ、特に上半身や顔などに発症しやすくなっています。

痛みも次第に増していき、発熱や頭痛などの全身症状も現れます。

重症化すれば顔面神経麻痺や聴力障害などを引き起こすようなケースもあります。

検査および診断

帯状疱疹の場合は、まず水疱瘡へかかった経験があるか患者様に伺います。

そして、帯状疱疹の特徴的な症状である帯状の発疹を診察にて確認することで診断されます。

ただし、単純ヘルペスなど帯状疱疹と似た病気もあるため、帯状疱疹の診断を確定させるために血液検査や病理検査を行うような場合もあります。

神経痛の症状はあるものの発疹はまだ出ていない初期症状の場合には、血液検査によって帯状疱疹であるかどうかを調べます。

治療

帯状疱疹では、原因である水痘帯状疱疹ウイルスに対して抗ウイルス薬を用いることで治療を行います。

基本的には内服薬ですが、重症化している場合には点滴や注射で投与します。

帯状疱疹では痛みも症状として現れますが、痛みには鎮痛剤や抗てんかん薬などを用います。

重症化を防ぐためにも、早期に治療を開始することが望ましいです。

銀座にある当院の皮膚科では帯状疱疹の治療にも対応しています。

皮膚科

銀座まいにちクリニックの皮膚科が選ばれる6つの理由

①365日休まず、まいにち診療

「日中はクリニックを受診できない」「休日に具合悪くなった」
そのようなあなたのために、365日まいにち診療しています。平日は21時、土日祝は18時までスタッフ一同お待ちしております。

②アクセス抜群

東銀座駅0分、銀座駅5分と通院しやすい立地です。
特に東銀座駅5番出口からは徒歩10秒くらいですので、銀座方面からお越しの方も雨の日でもほとんど濡れません。

③豊富な外来診療実績

開業してまだ間もない当院ですが、月3000人ほどの患者さんに選ばれています。
様々な医療機関と密に連携をとり、皆様が安心して通院できるクリニックを目指しております。

④待たせない工夫

「日中はクリニックを受診できない」「休日に具合悪くなった」
そのようなあなたのために、365日まいにち診療しています。平日は21時、土日祝は18時までスタッフ一同お待ちしております。

⑤幅広い診療科

「この症状は何科にいけばいいんだろう」「いくつか病院に行かなければならず面倒だな」
そんなあなたのために、幅広い診療科でお待ちしております。お気軽にご相談ください。

⑥院内でお薬をお渡し

医師が処方した薬剤を院内でお渡し致します。
院内薬局は、薬をもらいに行く手間・時間が省けて利便性が高いだけではなく、自己負担分(窓口負担)が少なく、また支払いも一回で済むというメリットがあります。