ヘルペス

銀座まいにちクリニックでは「ヘルペス」の診断および飲み薬や塗り薬による治療をおこなっております。

 ヘルペスウイルスに感染しても普段は神経の中に潜伏しており症状を起こしませんが、疲労やストレス、紫外線などで体の免疫力が低くなったときに皮膚や粘膜に水ぶくれやピリピリとした痛みが出現します。

ヘルペスを発症した場合は抗ウイルス薬で治療していきますが、基本的にウイルスは生涯体の中に感染し続けます。

※当クリニックでは、陰部ヘルペスの診療は男性のみおこなっております。

口唇ヘルペス

原因

ヘルペスウイルス1型(HSV1)が口や口唇の粘膜に感染することで発症します。

直接肌が触れる以外にもウイルスのついた食器やタオルを介して感染することもあり、家族内での感染も多いです。

紫外線やストレス、寝不足、疲れ、感染症などにより免疫力が低下すると、潜伏していたウイルスが再活性化して症状を引き起こします。

症状

ほとんどの方は無症状で感染していることに気づきません。免疫力が弱まったときに、口腔内や口周りに水膨れやただれが現れます。ピリピリ、ちくちくした感じの痛みや違和感を伴います。

診断および検査

問診と特徴的な症状や皮膚病変を視診することで診断します。口唇炎と間違われやすく、診断が難しい場合は顕微鏡でヘルペス特有の細胞変化を確認し診断することがあります。

治療

抗ウイルス薬の飲み薬(ファムシクロビル、バラシクロビルなど)を5日間使用します。ウイルスの増殖を抑える効果があるので、できるだけ早く飲み始めると症状が軽くすみます。かさぶたになってしまった段階では効果はあまり期待できません。

塗り薬もありますが飲み薬の方が効果を実感できますので、基本的には飲み薬をお飲みください。

陰部ヘルペス

原因

ヘルペスウイルスが陰部の粘膜に感染することで起こります。

感染の機会があってから2〜10日で発症します。

症状

多くの場合、無症状もしくは症状が軽く気付かないこともあります。症状が出ると、陰部やその周りに違和感や痛みを伴うただれ・水膨れ・赤いボツボツができます。最初の感染では発熱なども伴い強く症状がでますが、再発時は軽症のことが多いです。女性は特に重症になりやすく、入院が必要な場合もあります。

※当院では女性の陰部ヘルペスの診察は行っておりません。

診断および検査

問診、視診、触診にて診断します。

亀頭包皮炎や梅毒と見分がつきにくいことがあります。

見た目だけではなく、症状の経過なども含めて総合的に判断します。

治療

抗ウイルス薬の飲み薬を(ファムシクロビル、バラシクロビルなど)を使用します。

年6回以上再発を繰り返す場合は、抗ウイルス薬を毎日1錠飲み続けて再発を抑制することがあります。症状がない時もしっかり飲み続けることが重要です。

皮膚科

銀座まいにちクリニックの皮膚科が選ばれる6つの理由

①365日休まず、まいにち診療

「日中はクリニックを受診できない」「休日に具合悪くなった」
そのようなあなたのために、365日まいにち診療しています。平日は21時、土日祝は18時までスタッフ一同お待ちしております。

②アクセス抜群

東銀座駅0分、銀座駅5分と通院しやすい立地です。
特に東銀座駅5番出口からは徒歩10秒くらいですので、銀座方面からお越しの方も雨の日でもほとんど濡れません。

③豊富な外来診療実績

開業してまだ間もない当院ですが、月3000人ほどの患者さんに選ばれています。
様々な医療機関と密に連携をとり、皆様が安心して通院できるクリニックを目指しております。

④待たせない工夫

「日中はクリニックを受診できない」「休日に具合悪くなった」
そのようなあなたのために、365日まいにち診療しています。平日は21時、土日祝は18時までスタッフ一同お待ちしております。

⑤幅広い診療科

「この症状は何科にいけばいいんだろう」「いくつか病院に行かなければならず面倒だな」
そんなあなたのために、幅広い診療科でお待ちしております。お気軽にご相談ください。

⑥院内でお薬をお渡し

医師が処方した薬剤を院内でお渡し致します。
院内薬局は、薬をもらいに行く手間・時間が省けて利便性が高いだけではなく、自己負担分(窓口負担)が少なく、また支払いも一回で済むというメリットがあります。