銀座・東銀座の内科、耳鼻科領域、泌尿器科、アレルギー科                                                          求人  取材依頼  企業の医療担当の方へ

ニキビ(ざ瘡:ざそう)

銀座まいにちクリニックでは「ニキビ」の治療を行っております。

抗生物質の飲み薬や塗り薬、ピーリング作用のある塗り薬、保湿剤、漢方薬などを中心に処方しております。お肌やニキビの状態を考え、お一人お一人に合った保険診療での治療をご提案しています。

ニキビの治療はここ数年で大きく変わりました。かつては出来てしまったニキビを治すというのがニキビ治療のメインでしたが、近年はそれに加えてニキビができにくい状態に肌を保つことができるようになってきました。

今までニキビに悩まれてきた方、市販薬などで効果を感じずお困りの方などニキビに関してお悩みの方はぜひご相談ください。

ニキビ痕を残さない一番の治療はニキビができにくい肌の状態を保ち、出来てしまったニキビは可能な限り早く治すことです。

原因

ニキビは毛穴の状態が大きく関わっており、
①皮脂の分泌が盛んになること②毛穴の出口が固くなることの2つが大きく関係しています。

皮脂の分泌は性ホルモンやストレス、不規則な生活で盛んになりますが、もともと毛穴の角質が固く詰まりやすい人では余計に皮脂が溜まりやすくなります。

毛穴が皮脂や汚れで詰まり、皮脂が溜まったブツブツの状態を「面ぽう」(白にきび)と言います。この時点では炎症は起こっていません。面ぽう内でアクネ菌が増え、炎症が起こると赤みを伴った「赤にきび」になります。

炎症がさらに進んで膿が溜まると、「膿疱(のうほう)」(黄にきび)と呼ばれるようになり、これが破裂すると周囲にもさらに炎症をもたらします。

このようにニキビは段階的に進んでいきますが、実際のニキビは各段階のものが混在しています。

炎症が長く続いたり、さらに進展すると治癒後にニキビ痕(瘢痕)が残りやすくなります。

症状

皮脂の分泌の多い顔や肩、胸、背中に白ニキビ、赤ニキビ、黄ニキビができます。

適切な治療をせずに放置すると、ニキビと長い付き合いになり毛穴が破壊されてニキビ痕を残してしまいます。

検査および診断

視診やダーモスコープと呼ばれる虫めがねのような道具で毛穴の状態を観察します。

治療

どの段階のニキビなのかをしっかり確認し、その段階にあった治療をしていきます。

通常は、いろいろな段階のニキビが混在しています。

塗り薬や抗生物質の飲み薬、漢方薬、皮脂の分泌に影響を与えるビタミン剤などを使います(ビタミン剤を長期に保険診療で処方することはできません)。

 

・白ニキビが多い場合
ピーリング作用のある塗り薬(ディフェリンゲルやぺピオゲル、エピデュオゲル)を使用します。
ピーリング作用とは古い角質を取り除いて細胞の代謝を高め、毛穴を広げる効果のことです。

ピーリング効果のある薬は、塗り始めた最初の数週間は塗った部分がヒリヒリしたり、赤みを帯びたり、乾燥することがあります。これらの症状は塗り続けることにより少しずつ慣れてきて、気にならなくなることがほとんどです。薬に慣れるまでは塗る量を少なくしたり、保湿剤をたっぷり塗ってから薬を塗ることで副作用を軽減することができます。

ニキビ(白ニキビ)の治療だけではなく予防の効果もあるため、塗る範囲は医師にご相談ください。

※塗り始めて赤みが強い場合は、ピーリング効果や抗生物質の成分にかぶれている可能性がありますので、塗るのをやめてすぐにご相談ください。

 

・赤ニキビや黄ニキビが多い場合
白ニキビの治療を一緒に行うかで塗り薬の種類が変わります。

白ニキビも一緒に治療するのであれば、ピーリング効果のある塗り薬+抗生物質の塗り薬を使います。
赤ニキビや黄ニキビの治療のみであれば抗生物質の塗り薬を使います。

症状や塗り薬の効きをみて、抗生物質の飲み薬を使うこともあります。抗生物質の飲み薬を飲む場合は服用のルールを医師に聞き、飲みすぎたりしないようにして下さい。

皮膚科

銀座まいにちクリニックの皮膚科が選ばれる6つの理由

①365日休まず、まいにち診療

「日中はクリニックを受診できない」「休日に具合悪くなった」
そのようなあなたのために、365日まいにち診療しています。平日は21時、土日祝は18時までスタッフ一同お待ちしております。

②アクセス抜群

東銀座駅0分、銀座駅5分と通院しやすい立地です。
特に東銀座駅5番出口からは徒歩10秒くらいですので、銀座方面からお越しの方も雨の日でもほとんど濡れません。

③豊富な外来診療実績

開業してまだ間もない当院ですが、月3000人ほどの患者さんに選ばれています。
様々な医療機関と密に連携をとり、皆様が安心して通院できるクリニックを目指しております。

④待たせない工夫

「日中はクリニックを受診できない」「休日に具合悪くなった」
そのようなあなたのために、365日まいにち診療しています。平日は21時、土日祝は18時までスタッフ一同お待ちしております。

⑤幅広い診療科

「この症状は何科にいけばいいんだろう」「いくつか病院に行かなければならず面倒だな」
そんなあなたのために、幅広い診療科でお待ちしております。お気軽にご相談ください。

⑥院内でお薬をお渡し

医師が処方した薬剤を院内でお渡し致します。
院内薬局は、薬をもらいに行く手間・時間が省けて利便性が高いだけではなく、自己負担分(窓口負担)が少なく、また支払いも一回で済むというメリットがあります。