銀座・東銀座の内科、耳鼻科領域、泌尿器科、アレルギー科                                                          求人  取材依頼  企業の医療担当の方へ

梅毒

梅毒とは細菌による感染症のことで、性感染症の1種です。

梅毒の患者は増加傾向にあり、幅広い年齢層に発症がみられます。

性感染症の中でも梅毒は、全身症状を引き起こすという特徴があります。

早期治療で治すことができますが、症状が進行すれば脳梗塞や神経障害などの重症にまで発展します。

梅毒は大人だけではなく、母親の感染が胎児にも感染することで先天梅毒して症状が現れるようなケースもあります。

原因

梅毒は、トレポネーマ・パリダムという細菌に感染することで発症します。

感染経路は、保菌者の粘膜や皮膚との直接接触です。

基本的には性行為によって感染することが多く、オーラルセックスやキスでも感染する可能性があります。

また、先天梅毒として母体からの感染によって胎児が感染しているというケースもあります。

この場合は早産や死産のリスクが高まることや、出産に問題がなくても成長段階で発病する可能性もあります。

症状

梅毒の症状は感染から3~13週の潜伏期間後に現れ、症状は時期によって4つに分類されます。

感染から3カ月内の「第1期」では、感染部位にしこりができるケースがあります。

股周辺のリンパが腫れるようなこともありますが、痛みは少ないので、気付かないことも少なくありません。

感染から3年内の「第2期」では、手のひら足の裏、体に赤い発疹が現れます。

しかし、数週間で発疹は消えてしまうようなことがありますが、菌は体内に潜伏した状態です。

そして、感染から10年内の「第3期」になると、ゴム腫と呼ばれるゴムのように硬い腫瘍が体中に現れます。

ここで治療しなければ、「第4期」となる脳梗塞や心不全、神経障害など命に係わる病気を引き起こすことになります。

検査および診断

問診と診察によって梅毒が疑われると判断した場合、検査を行います。

血液検査によって血中の抗体を確認する方法と、患部から細菌を取り出して培養検査する方法があります。

感染したかもしれないという場合でも、感染から4週間は経っていなければ確認は難しくなっています。

銀座にある当院の泌尿器科では梅毒の検査も行っておりますので、ご相談ください。

また、梅毒の場合はパートナーも感染している可能性もあるので、一緒に検査・治療することをおすすめします。

治療

梅毒の治療では、主にペニシリン系の抗生剤を用います。

ただし、ペニシンアレルギーがあるような場合には、別の抗生物質が処方されます。

1日3回の服用を数週間続け、再検査を行います。

薬の服用によって症状が消えたからといって菌がいなくなったというわけではないので、医師の指示に従って服用を続けてください。

性行為によって感染が広がる可能性があるので、治療中は性行為を控えるようにしましょう。

泌尿器科

銀座まいにちクリニックの泌尿器科が選ばれる6つの理由

①365日休まず、まいにち診療

「日中はクリニックを受診できない」「休日に具合悪くなった」
そのようなあなたのために、365日まいにち診療しています。平日は21時、土日祝は18時までスタッフ一同お待ちしております。

②アクセス抜群

東銀座駅0分、銀座駅5分と通院しやすい立地です。
特に東銀座駅5番出口からは徒歩10秒くらいですので、銀座方面からお越しの方も雨の日でもほとんど濡れません。

③豊富な外来診療実績

開業してまだ間もない当院ですが、月3000人ほどの患者さんに選ばれています。
様々な医療機関と密に連携をとり、皆様が安心して通院できるクリニックを目指しております。

④待たせない工夫

「日中はクリニックを受診できない」「休日に具合悪くなった」
そのようなあなたのために、365日まいにち診療しています。平日は21時、土日祝は18時までスタッフ一同お待ちしております。

⑤幅広い診療科

「この症状は何科にいけばいいんだろう」「いくつか病院に行かなければならず面倒だな」
そんなあなたのために、幅広い診療科でお待ちしております。お気軽にご相談ください。

⑥院内でお薬をお渡し

医師が処方した薬剤を院内でお渡し致します。
院内薬局は、薬をもらいに行く手間・時間が省けて利便性が高いだけではなく、自己負担分(窓口負担)が少なく、また支払いも一回で済むというメリットがあります。