銀座・東銀座の内科、耳鼻科領域、泌尿器科、アレルギー科                                                          求人  取材依頼  企業の医療担当の方へ

脂質異常症(高コレステロール血症、高脂血症)

銀座まいにちクリニックでは、「脂質異常症(高コレステロール血症、高脂血症)」の診断および飲み薬による治療をおこなっております。

血液中のコレステロールや中性脂肪が基準値より増えてしまっている病態で、“血液がドロドロ”の状態です。動脈硬化が生じ、脳梗塞や心筋梗塞のリスクが高くなります。

高血圧や糖尿病が重なると動脈硬化の進行が早まります。

自覚症状はないため日ごろから生活習慣に気をつけるとともに、早めに医療機関へのご相談をおすすめします。

 

「脂質異常症(高コレステロール血症、高脂血症)」は特に力を入れて治療をしている病気ですのでお気軽にご相談ください。

分類

脂質異常症には“悪玉(LDL)コレステロールが高い”、“善玉(HDL)コレステロールが低い”、“中性脂肪(TG)が高い”の3つタイプがあります。
複数が同時に起こっていることもあります。

原因

一番の原因は高カロリー・高脂肪食といった食生活です。
近年、日本では食の欧米化に伴い脂質異常症の方は増えています。運動不足や肥満も関係しています。

遺伝的素因もあるため、ご家族に脂質異常症の方が多くいらっしゃる場合は、早めにご相談ください。

症状

症状は特別ありません。
多くは健診などで指摘されることが多いですが、突然重篤な合併症が起こり気づくこともあります。
合併症には動脈硬化が強く関係する心筋梗塞や脳梗塞などの血管が関わる病気が多いです。
中性脂肪(TG)が高いと膵炎を起こしやすくなります。

検査・診断

空腹時の血液検査で診断します。
以下の3つの項目のうち1つでも満たせば脂質異常症と診断されます。

・悪玉(LDL)コレステロール≧140mg/dl

・善玉(HDL)コレステロール<40mg/dl

・中性脂肪(TG)150mg/dl

*悪玉(LDL)コレステロール値が120-139mg/dlを境界型といい、早期に生活習慣を改め予防することが大切です。

治療

食事療法や運動療法などの生活習慣の改善が基本です。それでも良くならない場合には飲み薬をお飲みいただきます。

目標となるコレステロールの値は人それぞれ異なります。高血圧や糖尿病、それ以外の病気などを総合的に考えて目標値を決めます。

内科

銀座まいにちクリニックの内科が選ばれる6つの理由

①365日休まず、まいにち診療

「日中はクリニックを受診できない」「休日に具合悪くなった」
そのようなあなたのために、365日まいにち診療しています。平日は21時、土日祝は18時までスタッフ一同お待ちしております。

②アクセス抜群

東銀座駅0分、銀座駅5分と通院しやすい立地です。
特に東銀座駅5番出口からは徒歩10秒くらいですので、銀座方面からお越しの方も雨の日でもほとんど濡れません。

③豊富な外来診療実績

開業してまだ間もない当院ですが、月3000人ほどの患者さんに選ばれています。
様々な医療機関と密に連携をとり、皆様が安心して通院できるクリニックを目指しております。

④待たせない工夫

「日中はクリニックを受診できない」「休日に具合悪くなった」
そのようなあなたのために、365日まいにち診療しています。平日は21時、土日祝は18時までスタッフ一同お待ちしております。

⑤幅広い診療科

「この症状は何科にいけばいいんだろう」「いくつか病院に行かなければならず面倒だな」
そんなあなたのために、幅広い診療科でお待ちしております。お気軽にご相談ください。

⑥院内でお薬をお渡し

医師が処方した薬剤を院内でお渡し致します。
院内薬局は、薬をもらいに行く手間・時間が省けて利便性が高いだけではなく、自己負担分(窓口負担)が少なく、また支払いも一回で済むというメリットがあります。