銀座・東銀座の内科、耳鼻科領域、泌尿器科、アレルギー科                                                          求人  取材依頼  企業の医療担当の方へ

中耳炎

中耳炎は、耳にある鼓膜より更に内側にある中耳という空間がウイルス感染することで炎症を起こす病気です。

耳の痛みだけではなく、発熱なども起こります。

子供は耳管が大人よりも未熟なため、小さな子供が発症することが多い病気です。

しかし、大人も中耳炎になるケースがあります。

中耳は鼓膜が拾った音を振動で内耳に伝えるという役割があるため、中耳炎が悪化すれば聴力に関係する事態になってしまいます。

原因

中耳炎が起こる原因は、細菌やウイルスに中耳が感染することです。

ウイルス感染によって炎症が生じ、症状が起こるようになります。

耳と喉は耳管という管で繋がっており、風邪を引いている時には喉にあるウイルスが耳管を通って中耳にたどり着きます。

鼻水をすすったり、かんだりしたタイミングでも耳にウイルスが飛ぶと言われています。

赤ちゃんの場合には、吐き出したミルクが耳に入ることで中耳炎になるようなケースもあります。

一度中耳炎になると、ウイルスが耐性を持つことで治りきらずに慢性中耳炎になる場合もあります。

症状

中耳炎の症状は、主に耳へ現れることが多くなっています。

耳の痛みや耳鳴り、耳から膿が出る耳漏、音が聞こえ辛くなる、耳が閉じたような感じになるなどの症状が挙げられます。

小さな子供の場合は上手く症状を話せないため、耳を押さえたり、引っ張ったりするなどといった行動を取るようになるでしょう。

耳以外の症状では、発熱を伴うような場合もあります。

大人の場合は中耳炎だと気付かずに症状が進行してしまい、顔面神経麻痺を引き起こすようなケースもあります。

検査および診断

中耳炎の場合は、まず問診において自覚症状をお伺いします。

中耳炎と疑われる場合には、耳鏡という器具で目視によって鼓膜の状態を観察します。

これによって鼓膜が炎症を起こしていることが確認されれば、中耳炎と診断されます。

炎症がひどい場合にはCT検査を必要とする場合があります。

また、耳鏡では中耳炎だと判断されにくい場合には、ティンパノメトリーという器具によって滲出液を見極める検査を行うこともあります。

治療

銀座にある当院では、耳鼻科領域と重なる内科診療を行っているので、中耳炎の診療にも対応しています。

中耳炎の治療では、細菌やウイルスの繁殖を抑制するために抗生物質を処方します。

対症療法として、熱や耳の痛みがひどい場合には解熱消炎鎮静剤を処方します。

中耳炎によって鼓膜が破れた場合などには、点耳薬を用いて直接耳に抗生物質を投薬します。

また、耳から膿が出ているような場合には、細菌検査を行ったり、鼓膜切開という処置を行ったりするようなケースもあります。

内科(耳鼻科領域)

銀座まいにちクリニックの内科(耳鼻科領域)が選ばれる6つの理由

①365日休まず、まいにち診療

「日中はクリニックを受診できない」「休日に具合悪くなった」
そのようなあなたのために、365日まいにち診療しています。平日は21時、土日祝は18時までスタッフ一同お待ちしております。

②アクセス抜群

東銀座駅0分、銀座駅5分と通院しやすい立地です。
特に東銀座駅5番出口からは徒歩10秒くらいですので、銀座方面からお越しの方も雨の日でもほとんど濡れません。

③豊富な外来診療実績

開業してまだ間もない当院ですが、月3000人ほどの患者さんに選ばれています。
様々な医療機関と密に連携をとり、皆様が安心して通院できるクリニックを目指しております。

④待たせない工夫

「日中はクリニックを受診できない」「休日に具合悪くなった」
そのようなあなたのために、365日まいにち診療しています。平日は21時、土日祝は18時までスタッフ一同お待ちしております。

⑤幅広い診療科

「この症状は何科にいけばいいんだろう」「いくつか病院に行かなければならず面倒だな」
そんなあなたのために、幅広い診療科でお待ちしております。お気軽にご相談ください。

⑥院内でお薬をお渡し

医師が処方した薬剤を院内でお渡し致します。
院内薬局は、薬をもらいに行く手間・時間が省けて利便性が高いだけではなく、自己負担分(窓口負担)が少なく、また支払いも一回で済むというメリットがあります。